auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

au 2017年夏モデル

au発表会 2017 Summerにて夏モデル・新サービス発表

更新日:

既に新機種夏モデルが発表されたソフトバンク、5月24日に発表会が実施されたドコモに続いて、auは2017年5月30日に「au 発表会 2017 Summer」が開催されました。

2017年の新機種夏モデルや、新サービスなどが発表される見通しでしたが、残念ながら新料金プランなどの発表はなく、新機種および「au HOME」の発表のみとなりました。

 

新機種については事前に発表されていたXperia XZsおよびGalaxy S8/S8+を含めてスマホ7機種とケータイ2機種が発表されました。内容を改めて確認していきたいと思います。

Xperia/Galaxyは既に発売・AQUOS Rの発売が発表

発表会よりも一足先に、SONYのXperia XZとサムスンのGalaxy S8およびGalaxy S8+については発表があり、Xperia XZについては2017年5月26日より既に発売済みです。

SHARPより公式発表済みのAQUOS Rも、ドコモやソフトバンクでの発表に続いて、auからも2017年夏モデルとしての発売されることがわかりました。

さらに、その3機種以外にHTC U11 HTV33、TORQUE G03、Qua phone QXの発売が発表されています。

Xperia、Galaxy、AQUOSについては、それぞれ別記事にて事前に検証しています。

 

auの2017年夏モデルにXperia XZs

AQUOS R(アクオス・アール)はau2017年夏モデル

Galaxy S8/S8+はau2017年夏モデルとして登場

 

auからドコモのような「格安スマホ」の発売はないのか

格安スマホ対抗端末として、格安648円(税込)で販売が展開されているドコモの「MONO(モノ)」ですが、それと同じような格安販売のスマートフォンはauより登場するのかが注目点の一つでした。

ですが、Qua phone QXの発売は発表されたものの、それ以外に目立った発表は今回ありませんでした。

auの場合、UQモバイルが格安スマホとしてのサブブランド的な位置づけになっているため、auの料金よりも安くしたいということであればイチキュッパのUQモバイルへ、という流れになるのかもしれません。

そうなると、あえてauからUQモバイルと競合する可能性もある格安スマホを販売する必要性はないのかもしれませんが、安くはしたいけれどわざわざキャリアは変えたくない、わからないことはauショップで相談したいというユーザーとしては、ドコモのような格安スマートフォンや格安プランの発表にも期待したいところだっただけに、今回の発表に限れば期待外れでした。

今後のauの動きに要注目です。

 

新機種をめぐるSIMロック解除について

現在、auから発売された機種のSIMロックを解除するためには、各種条件が設定されています。

新機種を購入したからといって、その場ですぐにSIMロック解除が実施できるわけではないのですね。

この内容は、auだけでなくドコモもソフトバンクもほぼ近い内容となっており、どのキャリアでも即日SIMロック解除は基本的には受け付けていません。

しかし、NTTドコモは2017年5月24日よりSIMロック解除に関する条件を変更し、新機種の一括購入を条件としながらも、即日SIMロック解除実施を可能とすると発表しています。

現時点でドコモからのみの発表となっていますが、ドコモが動けば当然au、ソフトバンクも動かざるを得ない可能性が高く、今後の動きが注目されます。

今回の新商品発表会で同時に何らかの発表があるかとも思いましたが、特別何も発表はなかったため、こちらも今後の動きに注目といったところです。

 

ドコモの「シンプルプラン」・「docomo with(ドコモウィズ)」への対応は? 新料金プランに注目

とにかく今回のau発表会では、新機種よりもどちらかというと、新料金プランの発表があるのかどうかが注目でした。

何故なら、既にドコモから今までにない格安料金プランが二つ、auに先行して発表されており、auからの動きがないままだと、どうしても全体として「ドコモ有利」という風評が広がってしまいます。

ここでauとしては、なんとしても早めに何らかの対抗プランを発表したいところです。

ドコモの料金システムとauの料金システムでは、最近は細かい違いもかなり大きくなりつつありますので、一概に比較もしにくくはなっているのですが、ドコモから発表されたシンプルプランにしても、auにはない「シェアパック」が前提とされていたりするため、auとしてどういう対抗プランを投入するのか、興味が尽きません。

docomo withに関しては、端末購入補助を行わない代わりにずっと1500円を割り引く、という内容のため、同様のプランをauが展開することは十分可能で、可能性もありうると思われます。

とりあえず今回の発表会では料金プランの発表はまったくなかったものの、質疑応答において、田中社長より重要な発言がありました。

料金プランについて「言うなと言われたけれど。久しぶりにガツンと行こうかと」。

つまり今後、何らかの発表が間違いなくあると思われます。

これは期待大ですね。もうしばらく、待ちたいと思います。

-au 2017年夏モデル

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.