auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

au 2018年夏モデル

auのGalaxy S9/S9+は2018年夏モデル?

投稿日:

Xperia XZ2と並んで、auの2018年夏モデルとしての発売がほぼ確実視されている機種に、サムスンのGalaxy S9があります。

一時期ほどの勢いはないとはいえ、Androidスマートフォンの中では、Xperiaと並んで長く人気機種としての地位を維持しているGalaxyの新機種ということで、やはり注目機種であるのは間違いないと思います。

既に海外では展開されているGalaxy S9の詳細スペック等を、先取りして確認していこうと思います。

大画面でより持ちやすいInfinity Display

Galaxy S9ではベゼルレスデザインがさらに進化し、より大きくより持ちやすくなっています。

 

とはいえ、パッと見た際の外見的なデザインには今回、ほとんど変化はないと言ってよさそうです。

そのため、ちょっと見るだけではGalaxy S8なのかS9なのかを見極めるのは困難です。

ただ一点だけ大きく変わっているのが、背面の指紋センサーの位置です。Galaxy S8ではカメラの横にあった指紋センサーが、カメラの下に移り、より使いやすくなっています。

 

Galaxy S9 Galaxy S8
68.7 x 147.7 x 8.5mm 68 × 149 × 8.0mm
163g 150g

 

全体としてのサイズはほとんど違いがないのですが、厚みがやや増していることが影響しているのか、Galaxy S9の方がやや重たくなっています。

曲面カーブを除いた対角線サイズを計測した場合、Galaxy S9が5.8インチ、Galaxy S9+が6.2インチです。

画面のアスペクト比は18.5:9で、映画館のようなダイナミックな視聴体験が可能となっています。世界的なオーディオブランドであるAKGによってチューニングされたステレオスピーカーとDOLBY ATMOSによるオーディオ体験も楽しみなポイントの一つです。

明るいディスプレイには、サムスン得意の有機EL(Super AMOLED)ディスプレイが採用され、色鮮やかに写真や動画を映し出します。

 

Galaxy S9のカメラ/S9+は初のデュアルカメラに対応

今回Galaxy S9/S9+のカメラレンズは、F値1.5とF値2.4の可変絞りに対応しています。撮影場所の明るさに合わせて、自動的に光を調整してくれます。手動でレンズの絞りを切り替えることも可能です。

暗い場所ではより光を集めるF値1.5に絞りが開き、明るく鮮明な写真を撮影することができ、日中明るい場所では、F値2.4に切り替わり、シャープで鮮明な写真を撮影できます。

 

特に暗い場所での撮影の場合、F値1.5モードとマルチフレームノイズリダクション機能で、ノイズを抑えたクリアな高感度写真を撮影することができます。

 

また、Galaxy S9/S9+は、960fpsでのスーパースローモーション撮影が可能となっています。超高速センサーを搭載することで実現され、動画の中の一瞬にスローモーションを追加したりすることができます。

 

スーパースローモーション撮影は、HDのみの対応で、一つの動画につき20ショットのスーパースローモーションが撮影可能です。1ショットにつき約0.2秒間録画し、約6秒かけてスローモーションの再生が行われます。

スローモーション動画にプリインストールされた音楽、もしくは自分のプレイリストからランダムに音楽を追加することもできます。

また、三つのループパターンに合わせてGIFアニメを作成したりすることもできます。

 

さらに、スローモーション撮影した映像は、ロック画面に設定することも可能です。

使い勝手の部分では、モーション検出機能をオンにしておくだけで、ビデオ撮影時にカメラが自動的に被写体の動きを検知し、スーパースローモーションで撮影開始してくれたりする機能も搭載されています。

Xperia XZ1にも960fpsのスーパースローモーション撮影機能は搭載されていますが、どうしても画質が荒くなってしまったりと、少し実用性に欠ける感じもするため、そのあたりがGalaxy S9ではどうなっているかも気になるところです。

 

光学手ブレ補正は当然搭載されていますので、揺れのひどい場所でも、鮮明な写真を撮影することができます。

特にデュアルカメラを搭載したGalaxy S9+では、ポートレート写真で人物を強調して撮影したり、ライブフォーカスを使うことで背景のぼかし具合を自由自在に調整可能です。背景の光にエフェクトをかけ、例えばることもできます。

 

ポートレート写真で人物を強調することができる。ライブフォーカスを使うことで背景のぼかし具合を自由自在に調整できるので、被写体に輝きを与え、写真をより一層、特別なものにしてくれます。

また、背景の光にエフェクトをかけ、ハート形にしてみたり雪にしてみたりと、より印象的な写真にすることが可能です。

 

最新機種として最高スペックを搭載

CPUやメモリについては、日本での発売に合わせて多少調整される可能性もあります。

国際版のCPUはSnapdragon 845/Exynos 9810のバージョンがあり、RAMはGalaxy S9が4GB、S9+が6GBとなっています。

ストレージ(ROM)は64GBから256GBタイプまで用意されています。電池容量はS9が3000mAh、S9+が3500mAhです。

その他、iPhone X、Xperia XZ2で省かれてしまったイヤホン端子が採用されている点は、地味に大きいと言えるかもしれません。

生体認証は指紋認証、顔認証、虹彩認証が利用可能です。

正直、そんなにいくつもあっても仕方がないような気もしますが、それぞれの弱点をそれぞれで補いあえるという意味では効果的かもしれません。

 

au夏モデルで発売されるなら

au、2018年夏モデルとしてGalaxy S9/S9+が発売されるなら、当然のことながらau ピタットプラン/au フラットプランには対応するものと考えられます。

au ピタットプランとau フラットプランは絶対的にお得

au ピタットプランとau フラットプランは絶対的にお得!詳細内容を解説

となると、毎月割が適用しないため、そのまま本体代金を一括または割賦購入してもかなりの負担になってしまいます。

それをある程度補うためには、au アップグレードプログラムEXの役割がやはり重要になってきます。

具体的にどういうサービスなのか、少しわかりにくい部分などもありますので、あらかじめ理解しておくといいかもしれません。

au アップグレードプログラムEXは利用すべきなのか

auアップグレードプログラムとアップグレードプログラムEXは利用するべきなのか

 

-au 2018年夏モデル

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.