auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

au WALLETカード

au WALLET ゴールドカードのETCカードを使いこなす

投稿日:

よく高速道路を利用する、という人で、特に新車に乗っている人は、かなりの確率でETCカードは所有しているのではないかと思います。

ただ、そのETCカードは、どんなクレジットカードのETCカードでしょうか?

もし、au WALLET ゴールドカードを所有しているのに別のETCカードを利用しているのであれば、せっかくなのでau WALLET ゴールドカードのETCカードに交換しましょう。

ETCカードを利用してよりお得にWALLETポイントを貯め、カード全体の利用効率を上げていく方法について解説します。

au WALLET ゴールドカードのETCカード

 

ETCカードとは、有料道路通行料金支払い専用ICカードで、車載器に挿入することで料金所で停車することなくスムーズに通過することができますし、小銭もいらずキャッシュレスで快適です。

車載器さえあればETCカードは自由に選択ができるため、お得に利用できるクレジットカードのETCカードを利用するのが一般的です。

au ユーザーで、かつau WALLET ゴールドカードを所有しているのであれば、確実にそのETCカードを利用するのがお得です。

 

au WALLET ゴールドカードのETCカードのメリット

au WALLET ゴールドカード/au WALLET クレジットカードのETCカードを利用するメリットは以下の通りです。

 

・WALLETポイントが通常通り200円につき2ポイント貯まる。

・キャッシュレスで高速道路の料金所をスムーズに通過可能。

・年間利用ボーナスをもらうための利用金額を積み上げられる。

 

例えば高速料金を10000円分利用すれば、WALLETポイントが100ポイント貯まります。利用すればするほど、ポイントはどんどん貯まります。

さらに、ETCカード利用分を含めて、au WALLET ゴールドカードの年間利用額が100万円を超えれば追加で500ポイント、150万を超えれば1500ポイント、200万を超えると4000ポイントが追加されるため、支払いはすべてau WALLET ゴールドカードにまとめてしまうのが最も効果的にWALLETポイントを獲得することができます。

 

ETCカードの年会費

au WALLET
クレジットカード会員
au WALLET
ゴールドカード会員
年会費 無料 無料
新規発行手数料 1000円
再発行手数料

 

au WALLET クレジットカード/au WALLET ゴールドカードの年会費はどちらも無料です。

新規発行手数料/再発行手数料も、ゴールドカードの場合は完全に無料ですが、クレジットカードの場合には1000円かかります。

ただし、発行から1年以内にETCカードを利用すると、発行手数料相当額を初回通行料支払いの翌月ご請求額から差し引きされる形となるため、事実上無料となります。

ゴールドカードはいずれにしても費用は一切かからないので、とりあえず作っておけば何かの機会に役に立つこともあると思われます。

 

例えば自家用車を所有していなかったとしても、定期的にレンタカーやカーシェアで自動車を借りることがある、ということもあると思います。そんな時でもETCカードを所有していれば、高速通過時の手間が省けますし、現金払いでは貯まることがないWALLETポイントを貯めることもできますので非常にお得です。

 

ちなみにau WALLET クレジットカード利用中にETCカードを利用していた人は、ゴールドカードにアップグレードしたとしてもETCカードはそのまま継続利用することが可能です。

 

ETCカードの申し込み方法

au WALLET ゴールドカードのETCカードを利用するためには、申し込みが必要です。

まだau WALLET ゴールドカードを所有していないのであれば、ゴールドカード申し込み時に同時に申し込みすることができますので、ある意味簡単です。

 

もし既にゴールドカードを所有していて、ETCカードのみ申し込みをしたいという場合には、KDDIフィナンシャルサービス ゴールドデスクに電話をすることで申し込みが完了します。

受付時間は9:00~18:00(年中無休)で、ゴールドカード裏面に記載されている番号にかけることで通話料無料で利用できます。

または、会員さま専用サイトの「ゴールドカード特典を確認する」から「お問い合わせ(ゴールドデスク)」からも番号の確認はできます。

 

ETCカードの利用可能枠

ETCカードにも利用可能枠はあるのですが、それはメインカードとなるau WALLET ゴールドカード/クレジットカードの利用可能枠の範囲内、ということになります。

本カードとETCカードは連動していると考えておけばわかりやすいと思います。

 

利用代金の支払い方法

au WALLET ゴールドカードのETCカードで利用した通行料は、カード利用代金と合わせての請求となります。

つまり、普通にクレジットカードで買い物をしたのと同じ感覚ですね。非常に簡単ですしわかりやすいです。

当然明細は後からWEBなどで確認することもできます。

 

ETCカードの注意事項

通常のクレジットカードと同じく、所定の審査がありますので、審査が通らず利用できないというケースもあります。

ただ、本カードの審査が通りながらETCカードだけ審査が通らないということはあまり考えにくいので、よほど特殊な事情がない限りはau WALLET ゴールドカードの審査が通ればETCカードも利用できると思われます。

本カードと同時の申し込みの場合は、両方審査が通らない、ということは十分可能性としてはあり得ます。

 

また、ETCカードは本カードとなるau WALLET ゴールドカード/クレジットカードとは別なので、通常のクレジットカードとして食事やショッピングなどに利用することはできません。

買い物に利用する場合には、本カードを利用しましょう。

逆に言えば、ETCカードは車載器に入れておく以外の使い道がないので、自家用車であればそのまま入れたままにしておいても基本的に問題はありません。

ちなみに個人的に私は入れたままで、ほとんどETCカードを車載器から出すことはありません。

 

利用し始めると使っている意識なく利用できる便利なETCカード

基本的にETCカードは、ETCカードを利用している、という意識なく使えるところが非常に便利な点で、高速道路通過時にその便利さが実感されます。

地域によって利用率には差があるため、90%以上がETC車載器でETCゲートを通過する車ばかりというところもあれば、地方によってはまだまだ現金払い利用車が多い地域もあります。

たまたま現金払いの車が多い地域でETCを利用していない場合には、料金所の通過にかなりの時間を要してしまいますし、これが渋滞の原因にもなりますので、ETC車載器がある場合はもちろん、ない場合もETC利用を積極的に検討してみましょう。

 

 

-au WALLETカード

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.