auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

au 2018年夏モデル

auのXperia XZ2は2018年夏モデル?

更新日:

auの新機種・2018年夏モデルの発売が近づいてきています。

例年通りであれば、auの夏モデルは5月頃には発表され、6月までには発売が開始されるはずです。XperiaやGalaxyなど、人気機種のみ新機種発表会に先行して発売されるケースもあります。

既に発売が確実視されているXperia XZ2は、海外では既に発売されており、その評判は上々のようです。

先取りして、2018年夏モデルとして発売が期待されるXperia XZ2の内容詳細を確認しておこうと思います。

auのXperia XZ1よりXperia XZ2は一回り大きい

 

auの2017年冬モデルのXperia XZ1 SOV36と比較した場合、横幅は1mm短くなっていますが、縦に5mmほど長くなっています。

つまりやや縦長になった印象です。

ディスプレイサイズもその分、5.7インチ、18:9フルHD +(1080 x 2160)HDRディスプレイと、Xperia XZ1よりも大きめになっています。

今回デザインも今までのXperiaから大きく変更が入っており、滑らかな曲線を描く背面デザインは、賛否両論あるところと思われます。

この変更については、とにかく実際に見て触ってみないと、なんとも言えないところかもしれません。

 

Xperia XZ2は指紋センサーが背面に移動

 

背面デザイン以外に今までのXperiaと大きく変わった点として挙げられるのが、指紋センサーの配置、そしてイヤホン端子の廃止です。指紋センサーは右側面の電源ボタン部分から背面へと移動しています。

普段の利用にも大きく影響する変更と言えますので、この辺りもできれば実際に手で触って感触を確かめ、利用しやすいかどうか、不便には感じないかをしっかり購入前に試しておいた方がいいでしょう。

 

サイドに電源ボタン&指紋センサーがあるXperia XZ1

 

Xperia XZ1では、従来通り向かって右サイドに指紋センサーを兼ねた電源ボタンが配置してあります。そのため、指紋センサーで頻繁に利用するのは右利きの場合は右手親指となりますが、Xperia XZ2では電源ボタンは従来の位置ですが、指紋センサーは独立して背面にあるため、人差し指や中指を利用してのロック解除をする必要が出てきます。

この点は逆に、今までよりも不便と感じられてしまう点かもしれません。

Xperia XZ1では電源ボタンを押すと同時にロックを解除できていたため、一つの動作で済んでいたところが、Xperia XZ2では電源ボタンを押し、そのあと背面の指紋センサーで解除という二つの動作が必要となってしまうわけです。これは気になりますね。

 

そしてもう一点、イヤホン端子が廃止されてしまった、という点です。

イヤホン端子の廃止と言えば、最近で言えばiPhoneがまさにこのパターンです。

イヤホン端子がない機種でイヤホンを利用する場合、Bluetoothのイヤホンを利用するか、充電端子に取り付ける変換アダプタを介してイヤホンを接続する形になります。

充電端子を利用する場合には、充電しながらのイヤホン利用は当然できませんので、地味に不便を感じることもあるかもしれません。

私は個人的にiPhone Xを利用していますが、イヤホン端子がないのはやはり不便に感じられます。

頻繁にイヤホンを利用している人は気を付けたいポイントと言えそうです。

 

Xperia XZ2の詳細スペック

公式に発表されているXperia XZ2のスペックを確認しておきます。

 

メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB
SIMスロット シングル
デュアル
CPU Snapdragon845
電池 3180mAh(内蔵)
耐水性 耐水性(IP65 / 68)
重量 198g
寸法 153×72×11.1mm
カラー リキッドブラック
リキッドシルバー
深緑
アッシュピンク
ディスプレイ 5.7インチ
18:9フルHD +(1080 x 2160)HDRディスプレイ
カメラ 19MP Motion Eyeカメラ
その他 指紋センサー
Qi対応

 

当然ながら、全体としてスペックはXperia XZ1よりもさらに進化しています。

ただ個人的に少し気になるのが、重量、つまり重さですね。Xperia XZ1よりも50g近く重くなっているため、そのあたりがどうか、というところでしょうか。

海外向けではデュアルSIMタイプも用意されていますが、国内向けでは必要ないと判断されるためか、今までデュアルSIMのXperiaが発売されたことはありません。これは今後も変わらないものと思われます。

カラーは、基本となるカラーが四色発表されていますが、国内向け、キャリア向けにやや変わることもあるため、とりあえず参考として確認しておくといいでしょう。

 

Xperia XZ2のカメラ

やはりスマートフォンの中でもどうしても気になる、という人も多いであろうカメラ。

元々Xperiaはカメラ性能も高いスマートフォンですが、Xperia XZ2ではそれがさらに進化しています。

ただ、カメラについては実際に撮影してみてその写真の出来栄えを確認してみないと、スペックだけではなかなか確認できないものです。

個人的にはやはりiPhoneが現状最も写真を美しくとれると考えていますが、それを上回ることができているかどうかが非常に気になります。

ちなみにXperia XZ1では、やはりiPhoneまでもう一歩、というところでした。

 

au ピタットプラン/au フラットプランか毎月割か

利用方法によっても違うのですが、Xperia XZ2が2018年夏モデルとして発売されたとしたら、「au ピタットプラン/au フラットプラン」で購入するのか、毎月割適用の別プランで購入するのかを選択しなければなりません。

現状auが推しているのは間違いなく「au ピタットプラン/au フラットプラン」で、長くauを利用しながら二年単位で機種変更をしていくことが前提なら、アップグレードプログラムEXを含む「au ピタットプラン/au フラットプラン」が確実にお得です。

毎月割を適用させるためには、カケホまたはスーパーカケホとデータ定額プランを選択する必要があり、将来的な他社への転出まで視野に入っている状態でなければ、あまりメリットがないかもしれません。

 

auショップで購入検討の場合にはau STARパスポートを利用したい

いよいよ2018年夏モデルとしてXperia XZ2の発売が決まったなら、次にしておきたいのは機種の予約です。

そして、もしauショップでの購入を検討するのであれば、au STARパスポートを利用して来店予約をしておきましょう。

どうしてもauショップで手続きをしようとすると、混雑して待ち時間が非常に長くかかってしまうことがほとんどだと思われるため、時間をできる限り節約するための来店予約です。

二週間後までの予約が取れるため、機種購入が決まったら早めに予約をしておくといいでしょう。

au STARパスポートによる来店予約は、専用サイトまたはau STARアプリを通じて実施することができます。

 

au STARパスポートを利用して予約後、来店した話

 

-au 2018年夏モデル

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.