auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

au キャンペーン情報

ソフトバンクのテザリングオプション値下げとキャンペーン延長にauも追随

投稿日:

大容量プラン20GB/30GBを利用している場合のテザリングについて、auとソフトバンクはまったく同じ内容で2017年4月末をもってキャンペーン終了し、それ以降は月額料金1000円でテザリングを提供するとしていました。

ドコモのみ、もともとキャンペーン期間が2018年3月末までとなっているため、まだ一年猶予がある形で、特に変更がなければauとソフトバンクは5月より通常料金が発生するはずでした。

しかしこの件について、先にソフトバンクが動きました。そして即日、auもソフトバンクに合わせて動いてきました。

ソフトバンクの動きと、それに対して果たしてauが対応してくるのか、改めて内容を確認していきます。

ギガモンスターのテザリング料金を値下げ/キャンペーンも延長

ソフトバンクは、20GB/30GBの大容量プランである「ギガモンスター」のテザリング料金を、従来から発表していた1000円から500円に値下げすると発表しました。

ただし、現在テザリングの無料キャンペーン期間中のため、実際のところ月額料金1000円はまだ一切発生していない状況でした。

そのままであれば、無料キャンペーン期間としていた2017年4月末をもってキャンペーンが終了し、5月からは有料に戻って月額1000円がかかりはじめるはずのところでしたが、値下げと合わせて無料キャンペーン期間の延長を同時に発表したため、7月末までは今まで同様、テザリングは無料で継続利用できる形となります。

元々テザリングを一切利用していないユーザーや、利用していても料金プランでギガモンスターを利用していない定額5GB以下のプランを利用しているユーザーの場合には、まったく関係ない話となりますが、対象となるギガモンスターを利用しながらテザリングも利用しているユーザーとしてみれば、うれしい内容と言えます。

このソフトバンクの変更によって、ドコモはまだキャンペーン期間が継続、ソフトバンクも延長という形となり、唯一auのみが、5月から「スーパーデジラ」利用者のテザリングが有料、しかも500円に値下げされたソフトバンクよりも500円高い1000円で利用しないといけない形となってしまうところでした。

ただauは、このソフトバンクの発表を受けて、即日対応しました。

 

auは即日対応で2018年3月末までキャンペーン延長

このままだと、auのみがやけにテザリングに対して厳しい印象になってしまうところでしたが、即日auは対応しました。

ソフトバンクが今回のようなキャンペーンの延長を選んだことによって、自動的にauもソフトバンクの水準に合わせざるを得ないような状況になったためと言えます。

auの公式対応は、テザリング無料のキャンペーン期間を2017年4月末まで、という内容から2018年3月末まで、と変更しています。

ソフトバンクでは、それに加えてテザリング料金の500円値下げを発表していますが、auはその点は特に変更は行わず、キャンペーン期間のみの延長としています。ただし、キャンペーン期間はソフトバンクの2017年7月末までよりも半年長い、2018年3月末までと、一気に一年ほど延長し、ドコモのキャンペーン期間に合わせてきました。

これにより、ソフトバンクに対しては優位性を維持しながら、ドコモにも劣らない内容に合わせてきた形です。

 

 

ドコモは静観の構えか

とりあえず「ウルトラパック」のテザリング無料期間が2018年3月末までと設定してあるドコモに関しては、今すぐこのソフトバンクやauの動きに合わせる必要性は少ないと思われるため、今のところ静観の構えです。

動くとすれば翌年、実際に料金がかかり始める前にテザリング料金の値段を変更するか、あるいはドコモだけ対応しないと言われたり噂になったりすることを防ぐために、とりあえずみなし上のテザリング料金の値下げを発表してくる可能性はあるかもしれません。

とはいえ、そんなことをしても具体的にドコモユーザーにとっての現状が何か変わるわけではないので、影響は少ないといえそうです。

 

このタイミングで動いてきたソフトバンクとau、さらにドコモからも動きがあるのか、注目したいと思います。

-au キャンペーン情報

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.