auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

UQモバイル/格安SIM

UQ mobileポータルアプリ利用時にデータ容量が正しく表示されない?

投稿日:

UQモバイルのデータ容量を管理する際に非常に便利なアプリが、「UQ mobileポータルアプリ」です。

このアプリを利用すると、データ容量を今月どれくらい利用したのか、あとどれくらい残っているのが一目瞭然であり、しかもリアルタイムで反映されるので、非常に便利に利用することができます。

ただ、今回私が申し込みをした「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」の場合、二年間データ容量2倍キャンペーンが適用されるはずなのですが、UQ mobileポータルアプリで正しく2倍で表示されていませんでした。

さらに表記には「データ高速」。

これは、もしかしたら、何か間違っているのではないだろうかと普通に焦って確認しました。

この内容は実は、結構重要な事実を含んでいますので、UQモバイル利用を検討されている方は是非ご一読ください。

関連記事:「UQモバイルのメリットデメリットまとめ

UQ mobileポータルアプリのデータ容量表示

au、ドコモ、ソフトバンク、格安SIM、どのサービスを利用していたとしても、毎月の利用容量はプランによって必ずある程度決まっているはずです。

プランは500MB程度から最大30GBや完全に突き抜けた無制限プランまで、様々な料金プランが存在しています。

UQモバイルもその例にもれず、人気の「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」ではS/M/Lの三つのプランから選択することができるようになっています。

データ容量としては、下から1GB・3GB・6GBで構成されています。

ただ、現在UQモバイルでは二年間の容量2倍キャンペーンが実施されており、1GB→2GB、3GB→6GB、7GB→14GBへと増量されているのが、UQモバイルの非常に大きなメリットの一つです。

 

私は今回プランSの1GB、おしゃべりプランで申し込みをしたため、キャンペーン適用により倍の2GB利用できるものと思ってUQ mobileポータルアプリを利用していたのですが、アプリ上で表示されている残容量が、最初の段階から1GBしかなかったのです。

 

 

データプランのところにも、「データ高速(1GB)」とあります。おしゃべりプランのはずなんだけど、これで正しいのだろうかと不安になりました。

最初は何かの間違いなのか、それともしばらくしたら増えるのか、申し込み翌月から適用なのだろうかと、いろいろ考えたのですが、そのどれも正解ではないような気がしたので、改めてUQモバイルに問い合わせしてみました。

 

UQモバイル・データ容量2倍の考え方

結果を一言でいうと、「データ容量2倍」の考え方が間違っていた、ということです。

UQモバイルに問い合わせた結果として、簡単に疑問は解消しました。

詳細内容をしっかり読んでおけばこんな点につまづくことはなかったのですが。以下の一文です。

 

課金開始月から起算して25ヶ月間、データチャージ料金からおしゃべりプランSおよびぴったりプランSは1,000円/月、おしゃべりプランMおよびぴったりプランMは3,000円/月、おしゃべりプランLおよびぴったりプランLは7,000円/月を割引します。

 

追加チャージを自分でしてもらって、「データチャージ料金から割引します」ということですね。

つまり、私が利用しているおしゃべりプランSであれば、元々の容量は1GBでこれは変わりません。もちろんそのままだと速度制限がかかってしまいますので、500MBずつ2回、データチャージを行います。

すると本来、データチャージ50MB×2回分の料金1000円が発生します。しかしここから、課金開始月から起算して25ヶ月間は、1000円割引してくれる、というわけです。

1000円かかるデータチャージ料金から1000円割り引くのですから、差し引き0円です。つまり、データ容量は1GBからさらに1GB、増えた形となります。

 

もしMやLのプランを利用している場合でも考え方は同じです。

Mプランであれば3GB分のチャージが可能なので、都合500MBを6回分チャージ可能です。Lプランであれば7GB分のチャージが可能なので、500MBを14回分チャージすることができます。そしてそのチャージした分の料金はキャンペーンによって割引されます。

 

なるほど、こういう形なのであれば、UQ mobileポータルアプリで残容量に表示がされないわけです。

そこで私は早速500MBを2回分、合計1GB分のチャージを実施しました。すると、追加チャージのところにその容量が追加されました。

 

 

データチャージ自体は、UQ mobileポータルアプリの下部の「データチャージ」という部分から簡単に実施できます。

「データプラン」のところに表示されている「データ高速(1GB)」という表示は、これはこれで問題ないようです。

ほかの場所でプランの確認を行ったところ、間違いなくおしゃべりプランSになっていました。

 

UQモバイル利用時はしっかりチャージを活用したい

わかってしまえば簡単な話なのですが、案外見落としがちな部分なのではないかと思います。

もし、この話をまったく知らずにUQモバイルを利用していた場合、本来であればもっとたくさんの容量を利用できる権利があるのにも関わらず、わからないままに元々の2倍になる前の標準容量で制限がかかってしまい、そのままになっているということも十分考えられます。

これはかなりもったいないです。せっかくの2倍キャンペーンなのですから、確実に活用していきたいところです。

もちろん、普段Wi-Fi環境を利用しているなど、あまりもともと容量を使わないということであれば、無理に使う必要はありませんが、足りない容量をきつきつで利用しているような場合には非常に重要なポイントになるかと思いますので、UQモバイル利用時のチェックポイントとして覚えておきたいところです。

 

関連記事:「UQモバイルのメリットデメリットまとめ

-UQモバイル/格安SIM

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.