auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

UQモバイル/格安SIM

UQモバイルにてUQ家族割がスタート

投稿日:

UQモバイルをワイモバイル比較した場合の弱点として、家族割が存在しないという点がありましたが、その弱点を補う「UQ家族割」が発表されました。

このUQ家族割の登場によって、新たに家族分の回線を追加しようと考えた場合に関しても、ワイモバイルと比較してもまったく引けを取らない内容となり、それ以外のメリット等を考えると非常にお得な格安SIMサービスへと進化する形となります。

UQモバイルのUQ家族割の詳細内容を確認していこうと思います。

 

関連記事:「UQモバイルのメリットデメリットまとめ

UQ家族割の詳細内容

UQ家族割は、2017年6月8日より受付開始されます。

家族で対象料金プランを複数回線契約した場合に、2回線目以降の基本料金を毎月500円割引されるというサービスです。割引が適用される子回線は最大9回線までとなります。

 

対象となるユーザーとしては、同一姓同一住所の家族を対象とするため、もしいずれかが異なる場合には家族であることを証明する書類の提出が必要となります。

条件として、親回線、子回線ともに「ぴったりプランS/M/L」もしくは「おしゃべりプランS/M/L」に加入の個人名義の場合に適用される形となります。

 

仮にぴったりプランSで2回線目を新規契約した場合、一年目は1980円(イチキュッパ)となりますが、そこから500円割引されて1480円で利用することが可能となります。二年目以降も2980円から500円引きで2480円です。

今まで以上にお得になりますね。

 

UQ家族割は既存回線でも申し込み可能

特にワイモバイルと比較して非常にお得な点としては、新規契約時だけでなく、既存回線に対してもUQ家族割は適用できる、という点です。

ワイモバイルの場合は、新規契約時にのみ申込することができないので、その点これからUQモバイルを検討しているユーザーだけでなく、既存ユーザーにもうれしいUQ家族割となっています。

期間も切られることなくずっと適用という点もうれしいですね。

適用のタイミングとしては、申し込み受付完了の翌月利用分から適用となります。

 

一点、UQ家族割を利用している場合に、親回線のみを解約しようと考えた場合、事前に子回線に親回線を変更する必要があるため注意しましょう。

 

UQ家族割の申し込み方法

UQ家族割は6月8日から受け付け開始しますが、実際に申し込みをする場合はどうしたらいいのでしょうか。

WEB上での新規契約の場合には、新規契約時にUQ家族割の手続きをするのではなく、まず新規契約自体を完了させたあと、UQお客様サポートセンターでの受付となります。

 

UQお客様サポートセンター:0120-929-818 携帯電話・PHS可/9:00~21:00

 

既存ユーザーの場合も全く同様に、UQお客様サポートセンターでの受付となります。いずれにしても翌月からの適用となりますので焦る必要はありませんが、電話口がかなり込み合う可能性もありますので、余裕をもって手続きを行うようにしましょう。

早めにWEB上からの申し込みが可能になるのを期待したいところですね。

 

ドコモのシンプルプラン・docomo withへの対抗

元々大手キャリアに対する「安さ」こそが大きなアドバンテージであるUQモバイルですが、ドコモの新料金プラン「シンプルプラン」「docomo with」への言及もありました。

料金プランの仕組み自体がかなり異なるため、両者の完全な比較はなかなか難しいのですが、それでもさすがにドコモがいくら安いプランを出してきたとしても、まだまだUQモバイルの安さはかなわない、といったところかもしれません。

シンプルプランは通話定額を持たないという弱点がありますし、docomo withは対象端末を購入したユーザーのみであり、端末代金も別になっているという点を考慮すると、選択する端末によっては端末代金込で1980円を実現しているUQモバイルが有利、ということですね。

さらに、加えてUQ家族割を利用すればますます安く利用できる形となりますので、既存ユーザーも、これからUQモバイルを検討しているユーザーも、UQ家族割の存在はしっかり認識しておき、申し込み忘れがないようにしておきましょう。

-UQモバイル/格安SIM

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.