auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

UQモバイル/格安SIM

UQモバイルの端末補償サービスは利用すべきか

更新日:

格安スマホを利用する場合、当然のことながらそのスマホ端末の故障リスクが伴います。

auやドコモなど大手キャリアでスマートフォンを利用する場合には、そのキャリアショップでの修理対応などがあるため比較的安心して利用できますが、これが格安スマホになると、大手キャリアに持ち込むわけにもいかず、場合によっては途方に暮れてしまう可能性もあります。

そこで利用しておきたいのが、UQモバイル独自の「端末補償サービス」です。

UQモバイルで格安スマホを購入すると同時に申込することができる、安心サービスです。詳細内容を確認していきます。

関連記事:「UQモバイルはau系格安SIM

UQモバイルの端末補償サービス概要

UQモバイルの端末補償サービスは、格安スマホ購入時に同時申し込みすることができるサービスです。

月額料金は380円、補償内容は以下の表のとおりです。

 

補償内容 料金
自然故障 1年目
(メーカー保証)
無償
2年目以降 上限5000円
部分破損 上限5000円
水濡れ・全損 上限5000円
盗難/紛失 UQ mobile端末の購入代金から
10000円補填
代替機利用料(1回の利用あたり) 1,000円

 

購入後一年は、メーカー保証がついているため、端末補償サービスに加入するしないにかかわらず、自然故障であれば無償での修理を実施してくれます。

二年目以降は、故障の内容にもよりますが、自然故障、部分破損、水濡れ、全損のどのパターンでも、上限を5000円として修理をすることが可能になります。

ちなみに、もし端末補償サービスに加入していなかった場合には、一年目の自然故障以外はすべて実費で修理代金がかかるため、何万という修理費用が掛かる可能性もあります。

格安スマホの種類にもよりますが、購入コストから考えると、そうなってくると修理するよりも買い替えを選択した方がいいケースも出てきそうです。

 

修理に出している期間中については、代替機の利用を申し込むこともでき、代替機1回の利用につき通常1500円かかるところを、端末補償サポート加入によって1000円で利用できます。

それらの修理、代替機貸し出し等の手続きについてはすべて、「端末故障受付センター:0120-959-558(通話料無料)」にて受付しています。

 

万が一、利用端末を紛失してしまった場合や盗難にあってしまった場合には、手元に端末がない状態なので修理ももちろんできませんので、買い替えの案内となります。

その際に、端末補償サービスに加入していれば、UQモバイル端末購入代金から10000円を補填してもらうことができます。

格安スマホからさらに補填が10000円入れば、かなり安い金額になると思われます。

 

それぞれ、補償の利用回数には制限がなく、何度でも利用は可能となっています。

注意点としては、電池パックやバックカバーなどの付属品がないものについては修理の対象外となってしまいます。

また、故障の状況によっては修理ができないこともあり、製造終了から4年を過ぎた機種についても、補修用性能部品の保有期間が終了してしまうため、結果修理ができない可能性が高くなります。

部分修理もできないため、全体としての総合的な修理が実施されるため、一部の修理であっても修理代金が最大の5000円に到達する可能性もあります。

この辺りは、大手キャリアの修理内容とほぼ似た内容となっていますので、もしかしたら聞いたことがある内容かもしれません。

 

代替機を貸出してくれるという点も、MVNOとしては珍しい対応ですが、代替機を破損させてしまったり、盗難・紛失させてしまったりした場合には、賠償金がかかってしまいますので注意しましょう。

破損の場合は最大5000円、紛失・盗難・未返却の場合には機器代金相当額がかかります。

 

他社格安スマホ補償と比較

現在、他社格安スマホ事業者でも、スマホ本体に対する保証については以前と比べるとかなり手厚く進化してきています。

MVNOの格安SIM利用時にどうしても弱くなってしまうのが、サポート部分であるということが広く認識されつつあり、その弱点を補強するためのサービス強化であるともいえます。

例えば、MVNOシェアNo.1のNTTコミュニケーションズ「OCNモバイルONE」は、「あんしん補償」という補償サービスを展開しており、月額500円でOCN購入分以外の端末に対しても補償をかけることができる仕組みとなっています。

UQモバイルの端末補償サービスと比較すると、持ち込み機種およびiPhoneまでサポートしているところが優れていますが、持ち込み機種についてはUQモバイルも別に「つながる端末保証」がありますので、それを考えれば同等、「端末補償サービス」か「つながる端末保証」かを選べることまで考えるとUQモバイルにメリットがあります。

ただし、「つながる端末保証」については、iPhoneに対応していない部分だけは要注意です。

 

そのほかにも、例えば人気で伸びしろがあるLINEモバイルであれば、自社購入分なら「端末保証」、持ち込み分に対しては「持込端末保証」と分けて提供しており、UQモバイルの仕組みと若干近くなっています。

ただし、一年未満での自然故障の場合でも、LINEモバイルではそもそも修理を実施していないため、端末保証を利用して有償交換するか、またはメーカーに直接問い合わせる必要があります。UQモバイルでは修理対応があるため安心です。

 

各社、それぞれ補償については詳細内容が異なりますが、UQモバイルでは「端末補償サービス」・「つながる端末保証」の二つの補償によって安心して利用できると思われます。

 

UQモバイルの端末補償サービスをauやドコモと比べて

基本的に、格安スマホの端末に対するMVNOの補償サービスは、大手キャリアであるauやドコモなどを見本として作られており、内容は大筋似通っています。

そのため、イメージとしては大体似た感じで考えていても問題ないのですが、詳細内容はやはり異なりますので、しっかり新しいUQモバイルの補償体制を把握しておきたいところです。

auはともかくとしてドコモのケータイ補償は、昨今料金もかなり高くなりつつありますので、それを考えればUQモバイルの月額380円はかなり安いです。

もちろん、つながる端末保証になると月額500円なので大手キャリアと同水準になりますが、UQモバイル購入の格安スマホに対して安い保証をつけられるという点は強みではないでしょうか。

 

UQモバイル端末補償サービスは申込するべきか

一般的に補償は当然のことながらあった方が安心です。そのため多くの人はあまり深く考えずに補償と呼ばれるサービスには加入することが多いです。

ただ、少し真剣に考えてみようとした場合、疑問に思えてくる点としては「そもそも補償は必要なのか」、という点です。

もちろん月額料金がかかってくる補償なので、少しでも毎月の料金を安く抑えたいのであれば、外してしまった方がコストは下がります。

ただ、万が一の故障の際に、修理対応で非常に高額の修理代金が発生したりしてしまうリスクがあるわけです。

そのため、ここで考えるべきはそのリスクの許容度です。

どういう故障までは受け入れられて対応できるか、ということですね。

万が一故障したら、改めて格安スマホを購入すればいい、という考えであり、新しい格安スマホ代金を許容できるのであれば、これは補償など必要ありません。

ただ、もともと扱いが荒く、年に何回も故障させてしまうことが多い、という場合には、これは補償に加入しておいた方が確実にお得です。

UQモバイルの場合、上限を5000円として、修理は何度でも受付してくれるからです。

 

自分自身のスマートフォンの利用状況を考えながら、申し込みをするのかしないのか、決めておくといいかもしれません。

-UQモバイル/格安SIM

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.