auスマホ・UQモバイル・格安スマホ・格安SIM・サービス・キャンペーン・保険・ウォーターサーバーまで

au-UQ スマホマスター

au キャンペーン情報

ビデオかブックでタブレット割/auでタブを買うなら利用したい

投稿日:

auパダワン
タブレットってやっぱり必要なものですか!?
auマスター
うーん、人によるけど、あって困ることはないだろうね。使えば便利だよ

 

もういい加減、タブレットは持っている、という人もかなり増えてきているのではないでしょうか。

世間一般のタブレット熱ももう一回りして、二周目、三周目へと入っているような状況ではないかと思われます。

ただ、とはいいながらも、普及率でみるとまだまだスマホの普及率には遠く及ばず、一人一台とまではいかないのが現状です。

それもそのはず、タブレットは基本的に一家に一台あればある程度用は足りるため、それ以上の台数はなかなか普及していかないのです。

何より、スマホがあればそれで十分と判断している人が少なからずいるのです。

 

しかし、ということは、まだまだタブレットの普及には伸びしろがあるということでもあります。

これからもし、タブレットをようやく一台、入手してみようかと考えているのであれば、何よりお得なauの「ビデオかブックでタブレット割」が展開されています。

どういう内容なのか、確認しておこうと思います。

ビデオかブックでタブレット割詳細内容

 

auで展開されている「ビデオかブックでタブレット割」は、その割引の期間が切られていないキャンペーンンとなっています。

すなわち、ある程度レギュラー的な意味合いを持つ割引であり、継続的に行われている割引であるということです。

そういう意味では焦らなくてもいつでも利用できるのですが、逆に言えばいつ終わるかわからないという怖さもあります。

タブレットが今度こそ本当にある程度普及し、これ以上は劇的には増えていかない、という時期になったなら、終了することも十分考えられます。

 

「ビデオかブックでタブレット割」の内容としては、非常にシンプルです。

タブレットの購入時に、auのお勧めする人気サービス「ビデオパス」、もしくは「ブックパス」の月額プランに加入すると、本体価格より5000円を割引する、というものです。

ビデオパス、ブックパスともに月額562円ですが、初回30日間無料などもついていますので、最低限の負担で割引を適用させることができるのですから、是非利用した方がいいでしょう。

少しでも安く、タブレットを手に入れ、なおかつビデオパス、ブックパスを30日の間思う存分お試し利用してみることができます。

 

ビデオかブックでタブレット割の条件に注意

割引の内容自体は非常にシンプルでわかりやすい、「ビデオかブックでタブレット割」ですが、一つだけ、大きな注意点があります。

割引条件の中に、次のような項目があります。ちょっと意識しないと、読み飛ばしてしまいそうな項目です。

 

・「タブレットプランds(3年契約/L)<1700円/月>」にご加入

 

タブレットなのだからタブレットプランに加入しなければならないのは当然ではないか、というのは最もなのですが、確認するべきはそこではありません。

「3年契約」の部分です。

おそらくご存知の方がほとんどだと思いますが、ケータイ・スマホ・タブレット業界では、二年契約がスタンダードです。

これは数年前からもはや常識と化してしまっている内容ですが、今回の割引条件は二年どころではなく、三年契約を求めている、という点が注意点なのです。

すなわち、三年間やめられません。

途中で解約をすると、契約解除料、すなわち解約金が9900円かかります。

タブレットプランds(3年契約/L)の特徴として、初回の更新以後は二年ごとの契約に戻るのですが、やはり三年契約はさすがに長いです。

もしそこまでの長期で考えていないのであれば、果たしてそれくらいの期間、問題なく利用しつづけることができるのか、よくよく考えた方がいいかもしれません。

 

ビデオかブックでタブレット割の対象機種とは

タブレット割、という名前なので、当然割引適用がされる対象機種はタブレットです。

そのタブレットには、Androidだけでなく、iPadも含まれます。

iPad Pro/iPad mini4/iPad Air2がそれぞれ対象です。

Androidタブレットでは、auブランドのQua Tab PZ、Qua Tab PXなどが対象です。それ以前のQua Tabも対象ですが、そこまで行くとすでに店頭在庫はなくなっている可能性大です。

 

結局ビデオかブックでタブレット割はお得なのか

絶対的にお得かと思いきや、三年契約という落とし穴もあり、実際利用するべきかどうか、悩ましいところです。

ただいずれにしても、ビデオパスやブックパスは非常に使えるサービスですし、今回の割引を受けるにしても受けないにしても30日間の無料お試しは活用した方がお得です。

あとは三年、耐えられるかどうかで判断しましょう。

関連記事:「auのブックパスは非常にお得

-au キャンペーン情報

Copyright© au-UQ スマホマスター , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.